割れた木魚をなおします

割れて音が悪くなった木魚を直します

長年壇信徒の読経とともに堂内にその音色を響かせてきた木魚、古いから、割れてしまったからとあきらめていませんか?
きちんと修理すれば本来のいい音色が甦ります。また、古い木魚は木がしっかり乾燥していますから、修理した後は割れる心配がなく、さらに長年使い続けることができます。


専門技術で長持ちする修理を

鎹(かすがい)などの金物を使って安易に修理された木魚を見かけることがありますが、そうした修理は長年の間に木を痛める原因になりますし、音にも悪影響を与えてしまいます。
木魚の久洋では釘一本使わない工法を用い、割れた外観を直すだけではなく、音色とりもどして末長く使っていただけるような修理をしてます。
大切な木魚の修理は安心して任せられる木魚の専門家にご依頼されることをおすすめします。

木魚修理の詳細はこちらをご覧ください
木魚修理



日本の職人がつくった本物の木魚を

一点一点手仕事で仕上げられた久洋オリジナルの高級木魚です。 銘木(桑・花梨)木魚 各サイズ販売しております。


木魚
銘木木魚 桑(くわ)七寸 久洋作

久洋の木魚の特徴

久洋の木魚 は両側の房飾りが特徴です。
職人自ら木魚に適した木を買い付け、時間をかけて乾燥。製材、あら彫りから仕上げまで、すべての工程を自社工場でおこなう完全国内製造です。

商品の一覧、詳細はこちら
銘木木魚のご案内


木魚職人 加藤久洋木魚職人 加藤久洋
〔かとうきゅうよう〕

1993年 NHKテレビ 「音が命の木魚づくり」生中継
2010年 月刊誌「寺門興隆」記事掲載
ほか、メディア、雑誌で取り上げていただきました。

お問い合わせ、お見積もりは

木魚工房 久洋
TEL/FAX 0586-77-1373 

〒491-0827 愛知県一宮市三ツ井2丁目24-17 木魚工房 久洋
Eメール kyuyou@mokugyokyuyou.com

■遠方の方でも、お送りいただいて見積もり、修理させていただくことも可能です。 電話・FAX、メールにて気軽にお問い合わせください。

■貴重な木魚で移動が難しい場合など、出張修理もご相談下さい。